×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

香典袋の種類

香典袋の種類

香典袋と一言でいっても、大きさやデザインと種類があります。

 

 

 

そして、香典袋を持参する場面によって使い分けるようになっています。

 

 

 

お通夜や葬儀に持参する香典袋の種類としては、黄色や青の水引きを使った香典袋やラインが入ったものは使いません。

 

 

 

香典袋には大きさが何種類かありますが、香典袋に入れる金額によって大きさの種類を使い分けていきます。

 

 

 

3.000円から5.000円くらいなら小さめのデザインもあっさりした香典袋が良いでしょう。

 

 

 

10.000円から50.000円くらいなら大き目の水引きが付いたもの。

 

 

 

50.000円以上の場合は、大き目でデザインも折が入っていたりする豪華に見える香典袋が良いと思います。

 

 

 

法事に持参する香典袋の種類としては、一周忌までは白黒の水引きの香典袋を使いますが、三回忌以降は白黒の水引きを使う必要は無いようです。

 

 

 

水引きの色が黄白のものなどが市販でありますので、そちらを使うのが良いでしょう。

 

 

 

また」、心づけに使う香典袋の種類としては、特に水引きが付いているものでなくても良いです。普通の白の封筒でかまいません。


需要と供給