×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ご葬儀に出席することは誰にでもあることです。

香典袋の表書き

香典袋の表書きを書く時、まずは何て書けば良いのだろう?と迷う方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

葬議のやり方は故人の宗派や宗教などによって違ってきますが、それによって香典袋の表書きも変わってきます。

 

 

 

まずは、無宗教の場合や故人がどんな宗派・宗教を信仰しているか分からない場合についてですが、この場合香典袋の表書きは「御霊前」と書くのが無難です。

 

 

 

仏式のご葬儀の場合香典袋の表書きは「御霊前」「御香典」「御香料」と書きます。

 

 

 

神式のご葬儀の香典袋は「御霊前」「御玉串料」「御神前」と書くのが一般的。

 

 

 

キリスト教のご葬儀では「御霊前」「御花料」「献花料」となります。

 

 

 

「御霊前」は無宗教から全宗教共通で使える表書きになりますが、注意しなければならないのが浄土真宗の場合です。

 

 

 

浄土真宗の場合の香典の表書きは「御仏前」と書きます。

 

 

 

通常、「御仏前」は49日の法要から使われる香典袋の表書きで、ご葬儀では使いません。

 

 

 

浄土真宗のみの香典袋の書き方ということになります。

 

 

 

表書きの下に持参した者の名前を縦書きでフルネームで書きます。

 

 

 

筆を使って薄墨で書くというのが昔からの慣習のようですが、今ではボールペンなどで書いてくる方々も多いです。


需要と供給